2015年のアダストリアと住友不動産の株価推移

東京都千代田区に本社を置く株式会社アダストリアは、カジュアル衣料品などの小売業を手掛ける企業です。1953年、茨城県水戸市で創業しました。2002年に東京証券取引所第2部への上場を果たします。その後、2004年には第1部に市場変更しました。ではここで、2015年におけるアダストリアの株価推移を簡単に振り返ってみましょう。1月5日、この年最初の取引では、アダストリア株に3,120円という始値が付きました。この後、株価は上昇を続け、6月には4,000円越え、7月には6,000円越えを達成します。その後、上昇の勢いをさらに強め、秋の初めには8,000円目前まで上昇して、10月初日には7,940円という年初来高値を記録しました。その後は年末まで7,000円前後で推移します。結局、12月30日、アダストリア株には6,800円という終値が付き、2015年を終えました。年初の始値と比較すれば、1年間で約2.2倍も値上がりしたことになります。
では次に、不動産企業の値動きにも注目しましょう。東京都新宿区に本社を置く総合不動産大手企業、住友不動産株式会社です。全国的に知名度の高い会社で、同社も東証1部に上場している企業です。さて、2015年最初の取引では、住友不動産株には4,102.5円という始値が付きました。その後、株価は初夏のころまで上昇を続け、5月下旬には年初来高値となる5,064.0円を記録します。しかし、その後は下落に転じ、軟調な展開が年末まで続きました。結局、この年における最安値圏で年末を迎え、2015年最後の取引を3,475.0円という終値で終了しました。年初から見れば、年間でマイナス15%以上もの下落です。